« 2018年5月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年6月

2018年6月22日 (金)

日本の女性は美形ではない

白人の世界に住んでいろんな人種を見たが日本の女性は顔といい、スタイルと言い、そんなに大してきれいなことはないなあ。世界が美化しすぎだということだ。日本の女性は化粧でごまかしているだけだということだ。顔の作りもそんなにバランスが良くない、頭が大きい、脚が短い、おまけにO脚のものも多い。総合的に見て不細工の部類だ。今の日本の女性は控えめではない。不満を蓄えるからあとになって爆発する。熟年離婚なんかはそれをよく表している。海外のものは日本の女性とは結婚をしないほうがいい。自国のものと結婚したほうがいい。日本の男性も欧米の女性と結婚するほうがいいかもしれない。国際結婚を簡略化すべきだ。欧米の女性の方がはっきりしていて付き合いやすい。結婚しても愛情が深い。日本の女性のようにため込まないから熟年離婚の前に離婚をする。意外と日本の女性は最低かもしれないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人は蟻とか蜂と変わらない

日本人は型にはまったことばかりで生活をしているから人生が楽しくない。東京大学がどうとか仕切り取り上げる。それがまさしく頭の柔軟性がない証拠だ。人はそれぞれ生き方があって当然だ。型に入れてその通りに事が進むとそれを優秀だという。海外のものを見ているとどこの大学がとか日本のようには取り上げない。人それぞれ生き方が違うという認識が低い。幸せは型にはまって生きるのではないか?惰性で生きるのが好きなものはそれで満足して人生を終える。欧米のものは自分を型に入れずに自分の人生を楽しんでいる。日本人は蜂やありと変わらない。誰かがいいといえばそちらに関心を持ち、自分がない。日本人の生き方は面白くない。それがわかるのが海外に住んだものだろう。海外に一度も住んだことのない人間は比較する対象がないからわからない。海外に一度住んでしまうと日本人がどういう生き物化がよくわかる。そうでない人間が政治家とか重要なポストについていると世界の動きに疎く、疑問も生まれてこない。殻を破ったことのない人間が日本には非常に多い。だから蜂とか蟻の生活になるということだ。日本人は面白くない人生を歩んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

日本の女性の脚は独特な形をしている

今は海外からの旅行者が多いから日本の女性の脚と海外の女性脚の違いがよくわかる。脚をみれば日本人の女性だとよくわかる。その違いは膝下がO脚の女性が日本の女性には多いが海外から来ているものも脚をみると膝下がまっすぐだ。海外は美人の条件で脚がきれいということが言われている。脚だけを見ると日本の女性は美人でないものがほとんどだ。街を歩いている女性の膝下を見たらよくわかる。まっすぐな女性のものになかなか会えない。独特な形をしている。海外から見ると日本の女性の脚は怪我をしているのかという認識だ。脚がきれいな女性が美しく見えることは確かだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2019年2月 »